企業理念

治療法のない疾患で苦しんでいる数多くの人達がおられます。このような疾患に対して、幹細胞技術を用いて新しい治療法を開発し、少しでも多くの方々が苦しまずに生活できることを目指します。

 

社長メッセージ

社長

 


皆さんの周りにスポーツや日常生活での怪我、交通事故などが原因で歩けなくなり、車椅子や寝たきりの生活を余儀なくされている方はいませんか。私は「このような方たちを もう一度自分たちの足で歩けるようにしたい 」と思い、株式会社オリゴジェンを創業いたしました。


弊社は「幹細胞技術を用いて中枢神経疾患の新しい治療法を確立し、患者本人のQOL改善や家族の負担軽減を実現する」ことをミッションとして研究開発を行う再生医療ベンチャーです。

今後は数多くの患者さんの期待に応え、日本の再生医療をリードする企業として活動し、社会に貢献してまいりたいと思います。


株式会社オリゴジェン
代表取締役兼社長
城戸 常雄

 

株式会社オリゴジェン創業までの経緯~現在:
私は元々は神経内科医として、治療法のない神経疾患で苦しむ数多くの患者さん達を診てきました。このような患者さん達をなんとか助けたいと考え、京都大学に勤務中は遺伝子治療の研究を行なっておりました。1990年代は遺伝子治療を実現するには十分なテクノロジーが開発されていなかったため、2000年に米国国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)に留学して神経幹細胞や胚性幹細胞の研究を開始しました。

2004年には再生医療をこの手で実現するため、米国メリーランド州ロックビルにてStem Cell Medicine, LLCというバイオベンチャーを設立し、脊髄損傷の再生医療製品開発に携わってきました。2011年には治療に最適化した新しいタイプの神経幹細胞 "OligoGenie™(オリゴジーニー)" を開発し、その大量培養方法の開発にも成功いたしました。

2014年11月に日本でこの細胞および培養方法の特許が成立し、同時期に日本で薬機法が成立し、条件付承認という新しい制度が導入されたため、この細胞を用いた臨床治験を日本で行うために帰国して、2015年8月に株式会社オリゴジェンを創業いたしました。

2017年8月にはベンチャーキャピタル4社より資金を調達し、翌年2018年6月に京都大学内のイノベーションハブ 京都に拠点を移しました。現在は先天性大脳白質形成不全症、多発性硬化症、脊髄損傷、アルツハイマー病など様々な神経疾患の治療に対する再生医療製品の開発に取り組んでおります。